看護師転職 秘訣

看護師転職を成功させる秘訣

看護師は他の職種と比較して、収入が多い職業であるといえます。人の命を扱う仕事ということ、高齢化社会の到来で病気の人が増加傾向で看護師の求人が増えているので給料も優遇されています。

 

ですが、その勤務環境はハードで身体を壊す人も少なくありません。しかし、世の中に役に立っているというすばらしい職業であり、いてもらわなくては困る職業といえます。看護師確保のため、病院によって少しずつ勤務の環境も改善されてきています。

 

看護師は他の職種に比べ、転職のメリットが非常に大きいという特徴があります。ですが、条件が整った希望の病院にすぐ転職ができかというとそういうわけではありません。転職する際には、勤務体系の希望、職場のイメージがある程度なければ、上手く病院を見つけるとができないでしょう。

 

現状の勤務している病院に不満を持ち、勤務する病院や診療所を変えたいと考えている看護師は多いですが、望むような施設や職場がすぐに見つかるわけではありません。ですので、看護師転職の際には、きちんと目的を明確にして行動にしていかなければなりません。

 

病院側から見ても、転職の理由がしっかりとしたものでないのに採用するということはあまりないと思います。施設を任せよう面接で転職理由を聞かれた時には、この病院でどのようなことができるのか、やりたいことを明確にして表現することが大切です。その方が転職できる可能性も高くなります。

 

看護師という仕事は肉体的にも精神的にもハードで、体力も要求されます。仕事は長時間に及びますし、人の命を預かる仕事でもありますので体力に自信があれば、それあなたの強みとしてアピールできます。

 

それと、大切なものとして、看護師としてのスキル面が挙げられます。これまで勤めていた病院でどのような技術を覚えてきたか、それは転職面接の際に大きく評価されるところです。もちろん高い技術を有していたほうが有利になります。病院側から見ても、即戦力は必要な人材です。また、看護師としての技術だけでなく、患者への対応力や、医師の指示に対する理解力、他の看護師に伝達する場合の説明力、コミュニケーション能力も重要な点です。

 

もし看護師の経験が足りなかったとしても、この子なら成長できると感じでもらえれば雇ってもらえます。人間と人間の仕事ですからら、人間として高めていけるように自分を磨いていくこともとても大切なことです。