看護師求人 雑誌

看護師不足の現状

看護師の仕事は、一般的な仕事と比べるとハードな仕事といえます。それは人の命を扱う仕事であるということが大きいです。

 

救急病院に指定されているところでは、夜も急患がひっきりなしで訪れますから、医者、そしてサポートする看護師も責任があります。しかし、社会にとても貢献している仕事といえます。

 

看護師の勤務体系も病院ごとに差があるため、転職も少なくありません。転職と行っても他の職種に転職するのではなく、働く病院を変えるということがほとんどで、現在の職場より、よりよい条件の職場を求め転職をしているようです。

 

看護師の仕事はきつくて、大変な仕事だということはよく知られています。医療の高度化、複雑化に伴って看護師の仕事の内容はさらに増え、これまでよりも高い能力、幅広い知識が常に求められる時代です。医療の進化によって、新しい医療機器の使い方を覚えなければならないし、新たな看護技術の知識も増えるので、その負担は増えてきています。看護師は、人の命や健康にかかわる仕事ですから、それだけでも相当プレッシャーのかかる仕事だと思います。

 

高齢化社会が進む中、看護師は年々不足していて、このことは一つの社会問題となっています。しかし看護師は、昔から女性の人気職業の上位にランキングされる職業ですし、毎年の看護師試験受験者も多いそうです。

 

看護師免許を持っているのに、色々な事情、例えば小さなお子さんがいて働きにくいなど、現在看護師として働くことができていない人もいます。看護師不足を解消するために、働きやすい職場づくりや福利厚生などの待遇を整えることで看護師不足を改善していく時代となってきました。